Copyrights(c) 2019 青少年ミュージカル芸術文化振興協会, All rights reserved.

「ミルコとカギロイの森」ストーリー

はるかはるか昔。天上の神様たちは、いのちを宿す光を集め、姫君の姿に変えてこの地上に遣わされました。姫君は、どこまでも果てしなく緑が広がる大きな森をつくり、その中でたくさんの生き物たちを生み出しました。植物たち、動物たち、そして最後にニンゲンが生まれました。姫君はこの世の平和のために祈り、生き物たちはその祈りのおかげで繁栄していくことができました。姫君の祈りによってもたらされる光は「カギロイの光」と呼ばれ、生き物たちに生きる力を与えてくれました。それから、長い月日が流れました。ニンゲンたちは姫君のことも森のことも忘れ、自分たちがつくりだした「カガク」に酔いしれるようになりました。他の生き物たちへの気遣いをなくし「自分たちこそ、もう神と同じだ」と思うようになったのです。ジフアクの都では、執政官によって「自然の脅威からの解放」 が宣言され、ニンゲンたちは熱狂し、お祭り騒ぎをしていました。そんな中、ミルコという子が捨てられそうになった植物の種を育て始めます。ミルコだけは、自然を愛する心を失っていなかったのです。そんなミルコに知り合いの古道具屋は、一つの帽子を贈りました。この帽子は、心優しい人がかぶると、植物や動物たちと話が出来るようになるという魔法の帽子でした。自然と話せることを喜ぶミルコでしたが、 都の人たちからは白い目で見られ、遠く離れたアサマダキの村へと送られてしまいます。姫君がお住まいになる「カギロイの森」近くにあるアサマダキの村では、「カガク」は浸透せず、ニンゲンたちは森に敬意を払いながら、自然とともに生きていました。ミルコは、その村をまとめている、エル、 リンド、ヒューゴ、という三勇士と知り合いになります。また、雲の動きを読む名人のレンと、その妹のリズとも友だちになります。都では、誰からも相手にされなかったミルコは、はじめて自分の居場所を見つけ喜ぶのでした。  同じころ、カギロイの森の中では異変が起きていました。動物たちのリーダー、ウルフ将軍による陰謀が進んでいたのです。ウルフは手下のフォックスやレパードを用い、計画を練っていました。その最終的な目的は「ニンゲンたちをこの地上から排除すること」でした。植物たちの長、千年杉をはじめ、ボダイジュやアマリリスなどは動物たちの行動に不安を抱きますが、計画は着々と進行していきます。そして、ついに大変なことが起きてしまいます。 この世の平和を保つため、生き物たちに生きる力を与えるために必要な「姫君の祈り」が始まらず、森の中は混乱します。また、時を同じくしてアサマダキの村には、大災害の前触れとされている「森の警告文」が届き、村人たちはパニックになります。この異変を解決するため、ミルコはエル、リンド、ヒューゴたちと一緒に、「カギロイの森」の奥深くへと入っていくのでした、、、

公演スケジュール

2020/1/8(木)~2020/1/13(祝月)
​全10回公演予定
​上演時間
約2時間20分(休憩含む)
  公演日          昼の部   夜の部
 1月8日(水)           18:30
   1月9日(木)           18:30
 1月10日(金)   14:00     18:30
 1月11日(土)   13:30     18:00
 1月12日(日)   12:00     16:30
   1月13日(祝月)  12:00     16:00
光/HIKARI  天/SORA
 
※開場 各開演時間の30分前  
※上演時間2時間20分予定(休憩10分含む)

​チケット

チケット発売日

2019年10月

 

【チケット料金】

(全席指定席・税込) 前売券 

SS席 8,000円

S席  7,000円

A席  5,500円

当日券は500円増しとなります。

※4歳以上はチケットが必要です。

劇 場

新国立劇場

​小劇場

〒151-0071 東京都渋谷区本町1-1-1
電話 03-5351-3011(代)

 
京王新線(都営新宿線乗入)「初台駅」中央口直結